展示会で実際に観て触って導入判断しました。

(キヤノンデジタルカラー複合機 iR-ADV C5550F)

ちょうど他社からコピー機入れ替えの話が来ていて、どうやったらコストを下げられるか考えていました。そんな時に「いとう」さんが営業にみえました。そして話を聞いてみると、コストだけでなくコピー機の性能もよさそうだと思い興味を持ちました。

はじめに興味をもっていただいた瞬間は?

導入後のご感想をいただけますか?

とてもきれいに印刷できて満足です。
留め置き印刷も最初はコピー機の前で設定を確認することで、コピー機の前が混雑してしまうことがありましたが、確実にミスプリントは減っていると感じています。操作についても、慣れてからはあまり気にならなくなりました。

前の機械(55枚機)から50枚機にスピードが遅くなることを理解して購入したのですが、意外に前の機械の感覚のままでいるとスピードが遅いのが気になります。
アフターメンテナンス(問合せ対応)はいかがでしょうか?
わからないことがあればすぐに対応してくれるのでとても助かっています。

予想に反して今一歩だった点はありましたか?

一番は展示会で機械の実物を見られたことです。
ほかに3社ほど提案を受けていましたが、他社からの案内は基本的に製品のカタログや印刷物が送られてきただけなので、カタログのスペックを見ただけではなかなか判断しずらい部分がありましたし、本当に性能がいいのか分からないので、実機を見て判断できたのは安心でした。
 
また重要視していたパソコンの画面と印刷物との色味を比較するときに実際の機械に触れることができたほか、特殊な紙での印刷もしっかりと色がのり、パソコンの画面の色と比べてもほとんど違いが感じられないことを確認できたことがよかったです。 上司にも「このような感じで印刷できます。」と見せることができたので、導入がスムーズに進みました。
 
それとコピー機に「留め置き印刷が標準装備されている」ところがポイントでした。
今までペーパーレスを考えてはいたのですが、お客さんには紙で説明しなければならなく、書類を全てデータ化することもできなかったため、なかなかペーパーレスを実行することが難しく悩んでいました。
そんな中、コピー機に留め置くことでミスプリントがなくなり、少しでもコスト削減に繋がれば嬉しいと思いました。

導入の決め手はなんでしたか?

フリートーク

いとうさんの提案はすごくよかったです。
もともと他社からの提案の内容について納得できない部分もありましたし、前の機械とどれだけ変わるか、他社と比べてどれだけ変わるのかをまとめてくれた資料が見やすく、社長に話もしやすかったです。
 
今までは入れ替え時に単価が安くなることだけに目が行き、リースにリースを重ねてどんどんとリース料が高くなっていることの重要さに気付いていませんでした。しかし話を聞いたらリース料が高くなることの重みに気付くことができ、見直せたことがよかったです。
 
更に、今までは電話やFAXでの営業だったため、どうしても不安が残っていたのですが、地元の会社だと直接話ができ、何かあった時はすぐに対応してくれるのでありがたいです。
 
いとうさんがあのタイミングで来なければ、もしかしたら他のところで決めていたかもしれないので、ちょうどいいタイミングに来てくれてよかったです。

© 2017 by ITOH inc.